映画・芸能・エンタメ

映画・芸能・エンタメ関係

【映画 カツベン】感想。活動弁士、たった100年前のことだけど初めて知った。

大正から昭和へ 大正8年生まれの人が100歳の時代。 その頃の映画は無音ということではなく、無音に弁士という職業の人がリアルアテレコしてたって、実は知らなかった。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 成田凌初主演作 最近、よく見…

【映画 屍人荘の殺人】感想。予告で観ていた印象と違ってた

ネタバレなくして語れない 案外、男性が多いなぁという印象。 浜辺美波ファンなのか? 女性は・・・神木隆之介か?中村倫也か? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まさかの・・・ 予告で観ていたときは、コメディミステリーなんだろうな…

【映画 ラスト・クリスマス】感想。英語の歌詞の内容を知ってたら・・・

ワムの音楽の世界観そのものかも Last Christmasワム!ホリデー¥204provided courtesy of iTunes この曲は今から・・・35年も前に流行ったわけだけど、今でも色褪せないし、毎年聴いてても飽きない。 昔の音楽ってそういうものが多い。 (adsbygoogle = wind…

【映画 影踏み】感想。公開2週間のレイトショー・・・

観に行って良かった 本当は2週間前にチケット予約をしていた。が、風邪をひいて断念。 今週は特に観たいものがなかったので、やっと行けた。 22時近い開始時間でもしや貸し切り!?と思ったが、同じことを思っただろう人がもう一人いたってことで二人だっ…

【映画 オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁】感想。中国・日本の合作ということだけど

中国の映画だわよ なぜ、役所広司が主役なのかわからないのだけど、スケールは大きかった。 日本ではなかなか出来ない規模かもしれないけど、それでも、もうちょっといい作品にはなったような気もする。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});…

【映画 決算!忠臣蔵】感想。忠臣蔵って・・・?

歴史知らない人間でも 毎年、年末の風物詩のように「忠臣蔵」がドラマ化されていた。 でも、なんか大勢の人間が固まって移動するってイメージしかなかった。 そもそも赤穂浪士って何?からのスタート。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); …

【映画 永遠の門 ゴッホの見た未来】

ゴッホという名前は知ってるが 私の知識のゴッホという人は「画家」であり、世界的に評価されている人だと言う印象。 多くも作品が晩年のもの。 そしてそれは、受け入れてもらえない自身との戦いだったということを知った。 (adsbygoogle = window.adsbygoog…

【映画 ひとよ】感想。親子とはを考えさせられるものが増えている

ヒューマン映画が増えている? 最近、見ている邦画は「親子」という言葉がキーワードになっている気がする。 今を生きている昭和・平成世代の違いとか核家族化してからの家族のあり方とか。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 親に依存し…

【映画 閉鎖病棟-それぞれの朝-】感想。犯罪者にされてしまう人

罪になる人、罪にならない人 誰がその人を咎められるのか? 死刑囚になったその人は本当に悪い人なのか? 世の中には社会的に迷惑でも罪にならない人がたくさんいる。 その人の罪は・・・その人の責任ですか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus…

【映画 最初の晩餐】感想。うーん、なんかデジャブ感のある作品

ストーリーも知らなかったのだけど 実は予告でも観てなくて、「戸田恵梨香」出演ってことだけで行った作品。 まぁキャストは申し分なく、久しぶりの窪塚洋介。カッコいいわ。 あ、「最初の晩餐」のポスターの窪塚洋介を窪塚洋介だと気づかずに気になっていた…

【映画 マチネの終わりに】感想。久々に大人のラブストーリー

いい雰囲気の二人 この世代のラブストーリーでキュンとするのはこの二人くらいだろうか。 年齢を感じさせない透明感を残した二人。 パリ、ニューヨークという場面がまたとてもいい感じ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 第三者の人間と…

【映画 楽園】感想。罪・罰・人 真実はどこに?

これは本当にあった話しなのだろうか? 私が知る地方での猟奇的な殺人事件。 容疑者となった人間はどうしてそんな状態になったのか。 根底にはこういうことがあったのかもしれない。そういう感じでどこかにあるのだろう日常を見た感じがする。 (adsbygoogle …

【映画 マレフィセント2】感想。5年も経ったと思えないけど

オーロラ姫がキレイになった 前作からもう5年。 なんかあっという間って感じ。アンジーはその間にすったもんだがあったわけだけど、相変わらずキレイ。 そしてオーロラ姫のエル・ファニングも大人になったわね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).…

【映画 真実】感想。日本人監督が描くフランス映画

是枝監督にしては・・・ 昨年の「万引き家族」は後味的にはあまり良い印象が残ったわけでもなく、その前の「三度目の殺人」なんて、やっぱり最後が「?」な感じで。 そして、何よりも樹木希林さんがいらっしゃらない中での映画。 まだ作品作りに影響を受けて…

【映画 最高の人生の見つけ方】感想。日本版、女性版は印象が違うけど

それでも日本でトップの二人の共演 2007年ハリウッドで上映されたのは、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのペアでの旅。 要素は同じ、大金持ちの独り者と一般?の人になるのか? モーガン・フリーマンはサラリーマンってことだったけど、吉永小百…

【映画 "樹木希林"を生きる】感想。お互いに覚悟の1年

1年の密着取材の難しさ この映画の断片は多分、去年少しだけテレビで出ていたのではないだろうか。 まさかこんな長丁場の一端だったとは思わなかった。 そして、樹木希林さんが最後の1年を許したことがとても意外だった。 (adsbygoogle = window.adsbygoog…

【映画 ヒキタさん!ご懐妊ですよ】感想。出産とは本当に奇跡

男性目線の妊活 妊娠するのは望まれない場合にはご懐妊し、恵まれない子が誕生する。 望んだ場合に望んでいるのになかなか授かれない。 いずれにしても大変なこと。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); それでも女性の負担は大きい ヒキタ…

【映画 蜜蜂と遠雷】感想。新人ギフト君が可愛すぎる

鈴鹿央士(すずかおうじ)君って知ってる? 今回の映画は多分、4人が主演。 松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、そして・・・斉藤由貴じゃないね。 その4人目が映画の中でも「ギフト」的な扱いの鈴鹿央土。 すんごいキラキラネーム。 しかも経歴が広瀬すずがス…

【映画 宮本から君へ】感想。バブル直後の日本で始まった原作

ドラマも観てない状態だけど 去年、ドラマ化されていたのも知らず、映画も直前まで観る予定ではなかった。 蒼井優のファンではあるが、主人公の宮本のようなタイプが苦手なことを感じていたから。 観てないのになぜ知ってるかと言えば、ツイッターの紹介で観…

【映画 任侠学園】感想。もう笑えて楽しい!!

今の時代だからこそ必要な存在 「カタギの人には手を出さない」 というか、原作者が今野敏さんだったのね。 違うシリーズは結構読んでいたのだけど、まさかこんな楽しい内容(実写だから?)の作品があるなんて。 まぁ実写化の俳優陣が楽しすぎる。 (adsbygo…

【映画 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス】感想。ニューヨークという単位の図書館。

日本の国会図書館以上の豪華さ 川越スカラ座という戦後からある昔ながらの映画館で10分休憩のある長丁場の作品を観るという暴挙。 最初の2時間でブチっと切れ、10分休憩があり、持ち込んじゃいけないとかって言うこともないから慣れている人はお弁当を…

【映画 アイネクライネナハトムジーク】感想。小説の世界観を知らないとちょっと難しい?

6章からなる短編小説 伊坂幸太郎作品。過去に映画化された「ゴールデンスランバー」を読んだが、映画と小説が結構イメージが合っていた。 が、今作は何も読まずに行き、人の絡みがわかりづらいなぁという印象。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p…

【映画 アド・アストラ】感想。トミー・リー・ジョーンズはやっぱり宇宙人だった。

こういうのが好きだわ 宇宙エレベーターが実現している世界。 それは私は見ることが出来るのだろうか? それでも100年後の今頃はアド・アストラのような宇宙旅行は現実になっていると思えた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ブラピ…

【週末5本】興味を持てる映画が多くて困る

観たいと思えることが素敵 劇場に毎週通っていれば、予告を見て、新たに次の作品への興味を抱く。 そのループで1年が終わる。 今年のシルバーウィークは重なりすぎだわ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 日曜日は休養したいのだが 金…

【映画 僕のワンダフル・ジャーニー】感想。いつでも自分を探してくれる犬。

前作から2年 実は前作の「僕のワンダフル・ライフ」はまだ観てません。 一昨年の今の時期、どうして観なかったんだろう? 特に映画が盛りだくさんだったわけじゃなかったんだけど。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ちょっと怖いんだけ…

【映画 人間失格 太宰治と3人の女たち】感想。蜷川実花ワールドがハマる。

マゼンタとシアンにブラック 蜷川実花監督作品はマゼンタが多い。 時に妖艶な雰囲気にもなり、時に血に染まった世界になる。 太宰治ってどんな人? そんなこと考えたこともなかった。 中学3年の時に「人間失格」を薦められて読んだ。 全然理解出来なかった…

【映画 命みじかし、恋せよ乙女】感想。樹木希林さんの遺作にやっと行けた。

この1年 樹木希林さんの訃報から丸1年。 それでも、その数年前までは1年に1作品って感じの出演だったのが、昨年3本、今年になって2本の上映。 期限を知り、それでもなお、「生きた証」を残した演技が素晴らしかった。 (adsbygoogle = window.adsbygoog…

【映画 ある船頭の話】感想。オダギリジョー初監督作品に興味。

俳優さんが映画監督へ オダギリジョーが映画監督をされた作品。主演が柄本明。 ベテラン俳優が若手映画監督にすごい影響を与えているのだろうなぁって思った。 脚本もオダギリジョー。彼が伝えたかったことは? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pu…

【映画 記憶にございません】感想。エンドロールが短くていい感じ!

三谷作品の中では好きだわ 三谷ワールドはたまにすごい豪華な俳優陣なんだけど、理解不能でって作品が多いのだけど、この作品は好きだわ。 出演者が豪華なんだけど、主演ってことを立ててないのか? まぁ中井貴一が主演的な感じなのだろうけど。 だから、エ…

【映画 台風家族】感想。3ヶ月遅れの期間限定公開

役者の不祥事 公開間近に起きた、準主演とも言える新井浩文の逮捕。 撮り直すというレベルじゃなく、まるで別物になってしまうくらいになる。 映画内では一番まともに見える役。 webukatu.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); いつの時…