【映画 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】感想です。ネタバレはしてないけど・・・どうだろう?

f:id:kisokoji:20170818073235p:plain:w300

20年という月日を越えて

テレビドラマをアニメ化する。

「君の膵臓を食べたい」もなぜかそういう流れになるらしい。

いい原作は実写映画でもアニメでもいいものはいいということになるのだろうけど。

最後はなずなの母親についての長々とした感想です。

ドラマは小学生?映画は中学生

アニメ化する際に、年齢を引き上げたということが書いてあった。

どっちでも結局同学年の男女の成長差というものを大いに感じるのだろう。

女子はいつの時代もきっと男子よりもませている。

「ませている」という表現が正しいのかどうかわからないけど。

このアニメは「なずな」という女子中学生を好きな男子中学生二人という構図。

女子中学生には母親が駆け落ちして出来た自分の存在だったり、その駆け落ちまでしたはずの父親が自殺していること。それから1年くらいで再婚しようとしている母親の存在から逃げようとしている。

なぜ母親は子供のことより自分のことなのだろう?

まぁ自分の幸せがなきゃ子供は愛せないのだろうけど、なぜ計画性がないのだろう?

という問題はいつの時代にもあるものなのだろうな。

でもこの再婚相手、最悪だと思うぞ。

義理の娘を取り戻すためとは言え、同級生の男子をいきなり殴るってどうさ?

特にいらなかったんだろうなってシーンは典道の両親のシーンだろうか。

普通に幸せな家族って構図。母親の尻に敷かれながらも母親に付き合う父親は平凡だけど幸せの構図に見えた。

なずなとの対比だったのだろうか?

そんな普通の家庭で育った典道にいきなりなずなのような女の子に「かけおち」を迫られたら・・・

なずなの「助けて・・・」の声に耳をふさいでしまう典道。

劇場には多くの同じくらいの男子から大学生くらいの男子が居たけど、彼らはどんな気持ちで観ていた?

「典道、しっかりしろよ」なのか?

「そうだよな?困るよな?」か?

おばさん目線はそんなことを考えてしまった。

なずなのドキッとさせられるようなセリフに赤面する典道。

男女の成長差を感じた。

短編ドラマをよく90分アニメにしたなぁってくらい。

でも、おばさんが見るには耐えられないかな展開が。

ネタバレブログには大人に観てもらいたいとしたけど、それはあくまでもストーリーに対するもの。

子供は大人が思ってるほど子供じゃないし、意思もある。

もっと尊重すべきだって言う思いになるかなって言う淡い期待。

私は妻になることはしたけど、母になることはしなかったし、考えられなかった。

結婚はしたけど、他に遺伝子を残し成長させられるというものを出来ると思えなかったから。

自分は仕事をしたかった。

それが大きかった。

今は仕事も子育ても両立してなんてカッコイイ世の中にしようとしているけど、そんなに甘くないでしょ?

先日も何かの記事で「子供の病気の欠勤で会社をクビになりそうだ」とあった。それが違法かどうかってことだったけど。

私は20代に一緒に仕事をしていた人がシングルマザーでちょうど子供が保育園だった。

まぁ仕事してなかったよね。

普段だって17時には帰るわけで。

私はその作業を一人で背負ってましたよ。

毎日深夜ってこともあったわ。経理的なものの決算期ね。

結婚相手には「家に大黒柱は二人いらない」とまで言われたけどね。

それでもその会社がブラックだとは思ってないけど。

でも、そんな勤務形態で言うことだけ言ってお金もらってて、いい気持ちになると思う?

仕事している方としたらね、一緒には仕事したくなかったわ。

そんなこともあって仕事を選択して子供を放棄したって言うことかな。

まぁそれで良かったと思うけど。

子供が熱を出す。それは子供なりにいろんなストレスを感じてるからでしょ?

幼稚園生で熱を出してってあまり聞かないんだよね。

まぁ親が家に居るわけだし、時間も短いし。

シングルマザーで仕事しなきゃはわかる。でも大体シングルマザーになる人って無計画出産が多いよね。

その一瞬の快楽で自分を地獄へ落としてるって思ってしまう。

そんな部分も子供はこのアニメで考えて欲しい。

そういう教育がない日本だからこそ必要な材料なのかもしれない。

無節操に子供を授かってしまう。子供を授けてしまう。

その罪の深さを。人の幸せを無節操に操っていいわけがない。

この親は別に裁かれることはない。娘の心をボロボロにしてもそれは親子関係がどこかで破綻するだけでそれは数年後になるのだろう。

典道はどうだろう?

自分の幸せを噛みしめることができるだろうか?

ごく平凡な家庭で育っている自分を感謝して欲しいね。

それは他人同士が一緒になって築き上げた成功例なんだから。

打ち上げ花火が丸だろうが、平らだろうがそれはあまり意味がない。

それを誰とどこで見るかなんじゃないか?

私はビルの上から下に花火を見た時、丸だったかな?

アニメについての感想・・・

最近の日本のアニメの完成度はすごいものがあると思う。

特に「水」のリアルさがある意味すごいのかなって。。。

今回のアニメとしてはなずなや典道の「目」がとても印象的だ。

一昔前のアニメ的な感じもするけど。

それがどこか懐かしい感じで良かった。

海辺の景色も好きだ。

でも、電車や車、灯台にいきなり「リアル」を持ってきた。

最初は動画にアニメをコラボしてるのかと思ったけど、とりあえずアニメだった。あまりにもリアルすぎだ。

それが合わない。

どうにもこうにも違和感がありすぎる。

なずなの親の乗った車はまだ良かったけど、それ以外の車は撮影したものじゃないのか?

それが流行りなのか?

学生アニメってことで去年の「君の名は。」と比べられるのだろうけど、アニメの完成度は「君の名は。」だと思う。

光の使い方に違和感があるとは言え、バランスが良かった。

これは・・・何を狙っているのだろう?私にはわからないし、受け入れられなかった部分。

他の人はどう思うのだろう?

音楽はとても効果的だったと思う。

クラスでそんなに目立つ存在じゃなかった感じのなずながいきなりアイドルになろうかなと歌い出すのはビックリだけど、まぁそんなものなんだろう。

広瀬すずの「瑠璃色の地球」はとても良かったと思う。

カラオケレベルで。

主題歌の「打上花火」DAOKO×米津玄師はフルコーラス初めて聴いたけど、サビ以外もいい。

打上花火

打上花火

  • DAOKO×米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

DAOKOの挿入歌「Forever Friend」もとてもアニメの世界観に

合っていたと思う。

Forever Friends

Forever Friends

  • DAOKO
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

あと西野カナの「if」がエンドロールにあったんだけど。

if

if

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

それでも新しいタイプのアニメだからきっと人気になると思う。

広瀬すずのなずなは良かったし。

【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】ネタバレ。ナズナのエロさがたまらない!?

f:id:kisokoji:20170818073235p:plain:w300

ドラマをアニメにする

1993年に放送された「If もしも」の中の短編テレビドラマ。

一般的に、アニメを実写映画化って流れだけど、これは逆。

元のキャストのイメージがアニメにも反映されている。

岩井俊二の出世作

1990年代中盤から岩井俊二さんの名前はかなり知名度が上がった。

中でも「Love Letter」は中山美穂と豊川悦司でとても切ないラブストーリーだった。

そんな彼の名前が映画館の予告にあった。

それが「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

ドラマは見た記憶は実際のところない。

でも、当時の映像を見ると山崎裕太がかわいい。。。なずなの奥菜恵は子役扱いじゃなかったんだ。

でも14歳なんだよね。デビュー2年目での出演だったんだ。

だから、アニメのなずなも原点は奥菜恵なんだろうなぁって思う。

普通は出来た作品に声をあてていくってことなんだろうけど、今回はまず声ありきからの作画ってことだったらしく、広瀬すずの声のままになずなが完成して、エロいなずなになったらしい。

まぁ中学生の設定にとりあえず高校を卒業した広瀬すずだからね。

広瀬すずがデビューした頃だったら、また違うなずなになったのかしら?

DAOKO×米津玄師(ダヲコ×ヨネヅケンシ)による主題歌「打上花火」も良すぎる。今、いろんな番組で使われているけど、今後ずっとかかり続けるなぁって思う。夏になると。

続きを読む

【工藤静香】「ZIP!」に出演で朝から懐かし映像満載

工藤静香世代ですから

朝から1987年に戻りましたよ。

懐かしいなぁ〜。

尾崎アナがインタビュアー?

太った?

「MUGO・ん…色っぽい」

あの頃は、ほんと痩せすぎ〜。本人も吊らされていた服が子供服みたいだったって言ってたけど、あの頃はボディコン全盛期だしね。

ほとんど生地がない感じ。

ほんと痩せてたなぁ〜。

17歳とは思えない色気もあったしね。

話し声が全然変わらない。

鼻にかかったような甘ったるい話し方。いいなぁ〜。変わらないって。

しかもちゃんと体型もイメージもキープしてるし。

やっぱり痩せてるって言うのはいいね。

体型が変わらない。

今のほうが少しお肉がついてきていいくらいな感じだよね。

歌声も変わらないし。

凛 初回盤

凛 初回盤

それでも今だから歌えるような雰囲気とかもあるんだろうなぁ〜。

www.around50th-woman.me

尾崎アナが「どうやったら色っぽくなりますか?」って。。。

工藤静香の返答がすごかった。

「急がなくても絶対大人になるから」的な。

確かに。

尾崎アナ。水卜アナ狙ってる?

的な雰囲気だったけど。

【元日本テレビの小熊アナ】元気な「子熊」誕生のニュース

もう4ヶ月

7月に第一子が誕生したというニュースがあった。

そっかぁ〜。

早いなぁ〜。って言うのが第三者な感想。

3月末で「ZIP!」を卒業されて、日本テレビも退社になるみたいだし。

出産って大変だけど

なんか日本テレビのアナウンサーで第一線で活躍されていて子育てになって・・・

あまりいい話がなかった過去があるから、ぜひ、小熊アナには楽しんで子育てをしてほしいな。

完璧じゃなくていいんだと思うんだ。

人それぞれの型があるし、みんな初体験なんだから。

アナウンサーさんって職業柄「失敗してはいけない」があるのかな?

だけどね。

自分たちが幸せならいいと思うよ。

うん。

と思うのでした。

産休と有給消化で日本テレビは退社になるらしいけど、きっと子育てが一段落したらフリーで出てきそう・・・

どうなんだろう?とは思うけど。

楽しめ〜〜〜。子育て。

大丈夫〜。

【2017上半期興行収入ランキング】コナン君は強いな。

アニメが上位独占

日本のアニメはやっぱり強い!!

さすがにアニメはなかなか観ないので全然貢献してませんが、知らない作品もランクインしている。

「相棒」より「昼顔」が上って・・・

  1. 『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』68億7,000万円

  2. 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』44億3,000万円

  3. 『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』32億6,000万円

  4. 『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』25~26億円

  5. 『海賊とよばれた男』23億7,000万円

  6. 『22年目の告白−私が殺人犯です−』23億4,000万円(7月23日時点)

  7. 『昼顔』22億3,000万円(7月23日時点)

  8. 『相棒−劇場版IV− 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』19億2,000万円

  9. 『帝一の國』19億2,000万円

  10. 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』18億5,000万円

すごい驚くのが「昼顔」が「相棒」よりも上位ってところ。。。

そうなんだぁ〜。

まぁね、「昼顔」も良かったし、また観たいけど、「相棒」が負けるとは・・・。

「帝一の國」とか「ぼくは・・・」は若い子中心でランクインってすごいな。

「22年目・・・」もランクイン。

よりも、4位の「ソードアート・・・」って知らないのですが。

アニメなのか?

「妖怪ウォッチ」っていつやってた?

って感じで、やっぱりアニメは大人+子供で料金が取れるから強いね。

年間になったらこれがどのくらい残るのだろう?

「コナン」の1位は変わらない感じがするけど。

【映画11月12月】年末に向けて邦画が楽しみだ!

11月から12月

年末に向けた作品もまだ出てきていないものもあるのかもしれないけど。

情報がユナイテッドシネマだけなので。

11月公開予定作品

氷菓

f:id:kisokoji:20170813094508p:plain:h300

11月3日公開予定

山﨑賢人、目白押し状態。

広瀬アリスとの関係も気になるような感じ。

学園ミステリーってことで興味あるんだな。

原作にも・・・

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

f:id:kisokoji:20170813094824j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813094854j:plain:w300

11月3日公開予定

こちらもジャニーズ映画。二宮和也主演です。

監督が「おくりびと」の滝田洋二郎さん。

他にも西島秀俊さんや、綾野剛さん、宮崎あおいさんと豪華キャスト。

「天皇の料理番」が考案した幻のフルコース・メニューって言うのがキーになっているみたい。

落ち着いた感じがする。

役者泥棒

f:id:kisokoji:20170813095147j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813095217j:plain:w300

11月18日公開予定

こちらもジャニーズ映画ですが、丸山隆平主演ですが、舞台的な映画な感じ。

会話劇が喜劇になる。

すごい楽しみだぁ〜。

だって、市村正親さんとかユースケ・サンタマリアさん、宮川大輔、片桐仁って面白メンバー勢ぞろいって感じじゃない?

笑えるでしょ。

火花

f:id:kisokoji:20170813095444j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813095527j:plain:w300

11月23日公開予定

さぁ、いよいよ又吉直樹の「火花」が公開されます。

自分の想像のままの神谷と徳永がいると思う。

真樹も・・・。

どんな笑いと葛藤が見られるだろう?

鋼の錬金術師

f:id:kisokoji:20170813095925p:plain:w300

12月1日公開予定

なぜこの3人なのか。私の一番好きなキャラよ。松雪泰子のラスト・・・素敵。

まぁマスタング大佐のディーン・フジオカさんが一番ですが。

あ、これもジャニーズ映画だわね。

山田涼介、俳優路線にきてる?

これもどっちが先になるだろうか???

探偵はBARにいる3

f:id:kisokoji:20170813100428j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813100501j:plain:w300

12月1日公開予定

【最後】の事件は、もう始まっている。

最後なの?

松田龍平と大泉洋のコンビ大好きで、先月からいろんな情報が出てきてて、ほんと楽しみなんだけど。

前回はパンイチでスキーのジャンプ台から降りるとかだったけど、今回はクルーザーに縛り付けられるって・・・

どS大泉洋って感じがほんといいよね。

こっちでも松田龍平のひょうひょうとしながらも強いのいいし。

どうなるんだろう?

これが本当に最後なのかな?

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

【映画10月】年末に向けて邦画が楽しみだ!

10月はもっとヤバイ。何を最優先にしたらいい?

10月もね、いま時点でかなり出てきているわけで10月21日、観たい作品が3作品。どれから観ればいいのだろう?

駐車場料金のかからない映画館で朝から晩まで連続で観てみるか?

10月公開予定作品

ナラタージュ

f:id:kisokoji:20170813092218j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813092309j:plain:w300

10月7日公開予定

松本潤が「松本潤」オーラを失くして、体当たりでやっていると言ってもいいかもしれない。

そんな予告だった。

有村架純も体当たり。

ちょっと切なすぎるかもしれないけど、松潤にすごい期待してる。

恋と嘘

f:id:kisokoji:20170813092620j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813092650j:plain:w300

10月14日公開予定

北村匠海、高校青春映画をしばらく牛耳っちゃう?

「キミスイ」とは違って、すごい普通の高校生に見える。

「結婚相手を政府が選ぶ、恋愛禁止の世界。」

うーん、それってそういうものだと思って生きてきたら大丈夫なものなのか?

ミックス

f:id:kisokoji:20170813092956j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813093035j:plain:w300

10月21日公開予定

この瑛太が弟に見えたわ。ってことで、ガッキーだよ。観たいわ。

しかも、最近熱い「卓球ミックス」だし。

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち

f:id:kisokoji:20170813093246j:plain:w300

10月21日公開予定

映画の主役は「猫」

もうさ、GW前くらいからずっと予告に出てきてて、いつもいつも「クス」ってなってしまう。

動物に勝てるものはないよね。

世界の猫。平和だぁ〜を感じられる。

斉木楠雄のΨ難

f:id:kisokoji:20170813093524j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813093555j:plain:w300

10月21日公開予定

漫画の実写映画化の定番になった感じの山﨑賢人。「ジョジョ」よりはこっちの方が私はいいかなぁ〜。

だって、ムロツヨシが怪しんだもん。

先生...好きになってもいいですか?

f:id:kisokoji:20170813093802j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813093832j:plain:w300

10月28日公開予定

これもね、ジャニーズ映画なわけだけど、やばいよね。

先生に憧れる時代ってあった。うん。あった。

いつの時代も大人の男が良く見えるものだ。

うん。

10月・・・時間をどう取るのだろう?

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

【映画9月】年末に向けて邦画が楽しみだ!

9月から邦画本番って感じなんですけど

9月はさ、シルバーウィークもあるってことも関係してる?

GWは映画業界の起こしたものって話だけど・・・

休み関係なく観たい映画は観たいわけで。

9月公開予定作品

トリガール

f:id:kisokoji:20170819061755j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170819061815j:plain:w300

9月1日公開予定

先月からすごい告知で動き回ってる感じですが、やっぱり興味持てます。

土屋太鳳の全力感。

土屋太鳳、高校生の恋愛コメディばかりだったからなかなか観られなかったけど、こういうのなら行ける!行く!

三度目の殺人

f:id:kisokoji:20170813090106j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813090135j:plain:w300

9月9日公開予定

「そして父になる」の是枝監督と福山雅治のタッグ作品。

そこに役所広司さん、広瀬すずがどう関わってくる?

広瀬すず、こういう役もかなりいいです。

散歩する侵略者

f:id:kisokoji:20170813090327j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813090358j:plain:w300

9月9日公開予定

先日、初めて予告を観たの。

松田龍平のひょうひょうとした感じがすごいリアル。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

f:id:kisokoji:20170813090632j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813090705j:plain:w300

9月16日公開予定

最近、妻夫木聡のイメージがこういうちょっと残念な感じなのは気のせいか?

「奥田民生になりたい」ってバブル期か?

ユリゴコロ

f:id:kisokoji:20170819062130j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170819062203j:plain:w300

9月23日公開予定

松坂桃李 ✗ 吉高由里子 ✗ 松山ケンイチ

「あなたの優しさには、容赦がありませんでした。」

吉高由里子のこのセリフが予告映像でも使われています。

とても気になるフレーズ。

ミステリー。

気になる。。。

ナミヤ雑貨店の奇跡

f:id:kisokoji:20170813090909j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813091000j:plain:w300

9月23日公開予定

東野圭吾作品。原作、もちろん読んでます。

これをジャニーズ映画にしちゃったかぁ〜。って、案外東野圭吾シリーズはジャニーズがやってるんだけどね。

山田涼介に期待する。

西田敏行さんがきっといい感じだろうし。

主題歌が山下達郎さんの「REBORN」だし。

亜人

f:id:kisokoji:20170813091322j:plain:w300

f:id:kisokoji:20170813091352j:plain:w300

9月30日公開予定

佐藤健と綾野剛って最強コンビじゃないか?

この手のアクション作品ってあまり好きじゃないし、絶命と蘇生、完全復活という命のリセットを続ける。

うーん、悩む。

9月盛りだくさんでしょ?

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

【映画8月】年末に向けて邦画が楽しみだ!

今年は邦画が楽しい

前半は、アカデミー賞絡みの洋画を見たり、メジャーなものを見てたりするのだけど、今月の洋画はどれも無理。

なんであぁいうSFチックが好きかなぁ〜。「ザ・マミー」も予告で無理。

ってことで、この間行った映画館で年末に向けた映画のチラシがあったので持ってきて撮ってみた。

8月公開予定作品

まず8月。

来週からまた映画三昧が始まる予感。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

f:id:kisokoji:20170813083601p:plain:w300

もうチラシなかったですね。

これは予告ですごく気になってます。

8月18日(金)公開予定

菅田将暉、広瀬すずがとてもいい感じだと思う。

それぞれの個性を感じるけど、菅田将暉は言われなきゃわかんない。

彼ってあまりにもいろんな役を演じてるから「彼」自身がないからね。

主題歌の「打上花火」DAOKO×米津玄師もすごく耳に残る。

透明感のある声が好き。

一番気になったのは、原作:岩井俊二。

1993年に放送されたドラマ作品。そのドラマとアニメをかなりオーバーラップしている映像をこの間見て、子役の頃の山崎裕太を見て懐かしくなった。

最近はどうしてるのだろう?あ、リバースに出てたのね。

なずなが奥菜恵。その雰囲気をアニメでもある感じがする。

金曜日に会社を休んで観に行こうかなと思ってるけど・・・子供が多いよね。

高校生くらい?

君の声を届けたい

8月25日公開予定

f:id:kisokoji:20170813084511j:plain:w400

f:id:kisokoji:20170813084540j:plain:w400

そんなに多くの劇場でするわけじゃないからか、最近行ってる劇場でしかこの辺では公開しないみたい。

湘南の風景がとてもいい感じがする。

ハイジ アルプスの物語

f:id:kisokoji:20170813084912p:plain:w400

8月26日公開予定

ご存知「アルプスの少女ハイジ」の実写映画です。

本国のスイスでの映像だからもうね、感情移入しちゃう。

ハイジが大人の都合で振り回される可哀想な少女ということを大人となった今実感する。

予告で泣けたからね。

やばいよ。

9月映画も一緒にしようと思ったけど、9月が結構多いので、8月で終わりにしておく。

それ以外にも「午前十時の映画祭」のデジタル化した映画も観たいしね。

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

www.around50th-woman.me

【麗しのサブリナ】午前十時の映画祭

f:id:kisokoji:20170812173833p:plain:w300

今週は「麗しのサブリナ」

オードリー・ヘプバーンの代表作の一つなんだろうけど、「ローマの休日」の方がメジャーな感じ?

観たことがありそうなシーンがあるけど、初めて観た感じがしました。

オードリー・ヘプバーンはやっぱりキレイ

1954年。戦後の日本でこれはどのように受け入れられていたのだろう?

戦後10年は経っていない。

昭和29年って言ったら、もう復興は進んでいた?

それでも活気が出てくるのは昭和35年くらいからって感じがする。

その頃のアメリカはもう車に電話があり、自動ドアがあり、車が昔のタイプから新しいタイプまで・・・すごい時代の差を感じた。

物語は「ローマの休日」と同じで「身分違いの恋」

オードリー・ヘプバーン演じるサブリナは大富豪ララビー家の運転手の娘。

ララビー家に住み込みで生活をしている。

お屋敷には長男ライナス、次男デヴィッドが居た。

長男ライナスは敏腕な手腕で会社を大きくしていっていた。一方の次男デヴィッドはバツ2のライナスに養われているという身分。

それでも好き勝手に生きている次男坊。

そんな次男坊に恋い焦がれているサブリナ。

身分違いの恋に心配したサブリナの父はサブリナをパリの料理学校へ2年留学させる。

サブリナはそこで74歳の紳士と出会い、パリスタイルの令嬢になって戻ってくる。

パリに行く前には歯牙にもかけなかったサブリナに恋するデヴィッド。

しかし、直前にデヴィッドは政略結婚のための婚約をしていた。

兄ライナスはその弟とサブリナを引き離すべき行動を取る。

しかし、妨害工作のための行動がいつしかサブリナの気持ちはライナスに向き始めてしまう。

ライナスはあくまでも「仕事」として割り切っていたが、最後はサブリナの元へと行く。

昔も今も身分違いの恋というのが題材にしやすいのか?

今はそうでもないのか?

それにしても本当にオードリー・ヘプバーンがキレイでキレイで。

デジタル処理されているのだけど、色褪せない綺麗さを本当に感じる。

それを見るだけでもいいよ。

来週は「昼下がりの情事」

オードリー・ヘプバーンがどんどん大人の女性になっていく。

それも楽しみかも。