読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【やすらぎの郷】豪華過ぎるキャストと倉本聰先生の世界観

やすらぎの郷

今週分をまとめて観てみる

仕事始めの今週、なぜか最初の週から土曜日出勤をするほどでまぁ納期が迫っていたことと、全体像がわからないままの作業で時間がかかってしまったことで平日の余裕はまるでなし。

なので今はいいねぇ〜

「TVer」で月曜日から木曜日までを一気に観てみたよ。

The 昭和な人々

「テレビはどこに向かっているのだろう?」

これがこのドラマをしたかった最大のテーマなんだろうなぁ。それと現代社会の抱えている問題を絡めている。

これは倉本聰先生が現代社会へ向けた大いなるメッセージなんだろうなぁって。石坂浩二演じる菊村栄は倉本先生そのものなのか?まぁ倉本先生が思い描く現代なんだろうなぁって思う。

1日目には自分のことを丁寧に描き 2日目にはこれからの展望を描く 3日目にやっと理想を語り 4日目に理想へ辿り着く

今週はこんな感じ。でも、朝ドラと違ってテンポもゆっくりで、TVerだと15分くらいなのでほんと見易い。

これを20分番組でしてるってことはその間に5分もCMが入ってるってことだから、そうなるとうざそうだけど。

まず、みなさんが等身大だからそのままを演じられている感じ。

髪の毛も染めるとかなく、ごくその辺に居るおじさん。

風吹ジュンさんが認知症の役で石坂浩二の奥さん役で出られているのだけど、この人は現在おいくつなのだろう?ってくらいキュート。「美魔女」ってこの人のことでしょ。

第一話では小松政夫さんと近藤正臣さんがゲスト出演。

小松政夫さん・・・アドリブ?的な往年のギャグを入れてた。 近藤正臣さんの自然体がいいなぁって。あぁ、こんな年齢の取り方もいいねって感じ。

とりあえず長いよね。一人ひとりのセリフが。大変だと思った第一話だったね。

第4話でいよいよ「やすらぎの郷」が登場。

草刈民代さんも姿勢がキレイだからなのか年齢を感じさせない凛とした感じがとても雰囲気がある。

常盤貴子さん・・・おばさん化してきちゃってる?な感じが・・・それでも安定感があっていいかな。

往年の大女優様が・・・出てくるシーンとクレジットで順序を知ると思ったら50音順だって。そうだよね。順序なんてつけるの・・・・怖いよね。

来週からいよいよ出演者の方が絡んでくる。

贅沢すぎるよ〜。

安心感がある。

何より、中島みゆきの『慕情』が素敵過ぎる。このドラマの世界観そのままって感じ。

主要メンバーの平均年齢「78.2歳」

それでも誰一人年齢を感じさせない雰囲気がある。。。

でも・・・やっぱりこのメンバーの「死」というものがあったりするのかしら?

1週だけだけど、こういう丁寧な作りをすればテレビはまだまだいけると思うんだけど。

自分が小さい頃は1年クールだったのに、いつの間にか3ヶ月で1クールって感じになって、すごく忙しくなってしてしまって感情移入出来ないまま次の週とか自作への関心がなくなってるように思う。

来週もまとめ観にしよう。贅沢な気分。