読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画 追憶】無駄にキレイすぎる映像とネタバレ

最近、富山が流行り?

富山の景色はそれだけで絵になってしまう。

目がそっちにいってしまう。

なんか残念じゃないか?

安藤サクラの存在感

顔に若さがあるとは言え、一番存在感を感じてしまった。

ストーリーの鍵も安藤サクラ演じる涼子さんだから余計かな。

でも、大人の悟役の柄本佑とは同じシーンないんだね。

夫婦で同じ映画って珍しいよね。

今日の初日挨拶に二人揃って登壇でしかも安藤サクラは9ヶ月で、幸せそうでいいなぁ。

ストーリーは映画じゃなくてもな感じなのは、やっぱり刑事モノになってしまうからかしら?

2時間という時間で3人の関係が容疑者、被害者、刑事で再会するところから始まる。

小栗旬もいいなぁ~。

柄本佑が今まで見た中で一番おしゃべりで陽気だったわ。

木村文乃もまたキーパーソン。

最後の小栗旬がいいのよ。

日本の古き良きな感じから始まり(縦に名前を書いて横スクロール)、エンドロールも同じね。

富山湾のキレイな景色をバッグにいいのよ。

木村大作さんの画はやっぱりキレイよ。

最後のシーンがちょっと不思議な感じで、悟に花を手向けるシーン、娘と義理の妹?え?お姉さんが容疑者なのに?

と思ってしまったのでした。