【恩師の定年】最後がこんな結末なんて

現場はどう考えるのだろう

私の10代の頃の夢は小学校の先生になることだった。

それは恩師との出会いで、この先生と一緒に仕事をしてみたいと思っただけだったから。

まぁ夢は夢

成績は悪くなかった。

そして運動神経もそこそこあり、中学の冬休みに私の夢は終わったのかもしれない。

進学校でもなんでもない普通高の先生がスカウトに来てしまった。

運動神経は悪くはないが、レギュラーになれるまでの身長や素質があるわけでもなく、私はやり直すならこの時に戻りたいくらいなのだが。

偏差値が50程度の高校。教科書も進学校の半分程度の厚さ。そして部活で授業を欠課する。

ってことをしていても校内の評定考課は4.5位上で成績優秀となっても大学受験はダメだった。

予備校すら行ってないんだから当たり前だわね。

本当はこの恩師と同じ大学を目論んだが、到底無理だった。

まぁ共通一次の翌日にやっと滑り止めの短大を決めて(そこから願書受けつけてたとこなんてほとんどなかったんだけど)夢は終わったわけで。

それでも、先生との交流は続いた。

担任でもなかったんだけど、体育の先生ってことで赴任してきた瞬間にそれまで見向きもしなかった体育委員になったりして。

スポーツテストの成績も良かったから県大会までいったし。

ってことで卒業後もなぜか年賀はがきのやりとりやら、暑中お見舞いをいただくような関係だった。

そして最初の結婚式に招待状を送ったら来てくれた。

エールまでくれた。

が、私は離婚してしまい先生とも疎遠となってしまった時期もあった。

それでも去年の春、久しぶりにお便りしてみた。

あと1年ですね。と。

そしたら返信をしてくださった。

そこには教師という職業を定年で辞めることが書かれていた。

私の関わった先生の多くが既に定年退職をされている。

学校の先生って職業だとその後も学校関係で働いたりするのかなと思っていたのだけど。そうでもないのか。

そんな先生の最後1ヶ月が慌ただしいことになってしまった。

60なんてまだ若い。学校の先生って子供相手だからほんと若いイメージ。

卒業式もされない子供たちの方が気の毒だなって思うけど、38年永続勤務の最後がこんなのって・・・

まぁ公務員だから3月末までは補償されるのだろうけど。

と、ちょっと思ってしまった。

私もあと10年でそんな年齢。

私はそこまで働くのか?

それ以上働くのか?

今思うと、35から45を無駄に過ごし過ぎたなと反省。

まぁ終わったから気付くことで。

キャリアの停滞させたなぁとほんと後悔。

これから10年どこまで進化できるのか?

最後の職場は自分の意思で終わりに出来るといいなと思う。