読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【趣味をお金にする】とてもむずかしい問題。だってプロではないから。

趣味 お金

何でもとことんやる性格

何かに興味を持った時、自分はそれを教える立場になりたいと思って始める。

そうすると普通1しか教えてもらえない部分が10以上になるから。

人に1を教えるのには自分が100知ってないといけないと考えているので。

趣味の延長

それでも、その資格を取得したり、ある程度のレベルになったら飽きます。

次の目標が出来てしまうから。

同じことを続けることが出来ない障害かもしれません。

それでも人生が楽しければいいのだと思います。

それしか出来ない人生も羨ましく感じることもありますが、短い人生にどれだけの経験ができるのかを試す人生も悪くありません。

私はそう思ってます。

去年の後半から人から頼まれて2つのことをしました。

  1. お店のホームページを作る

  2. 動画撮影をして編集する

どちらも趣味でやっている延長でやるだけでした。

元々Photoshop、Illustratorを使いこなせることからWebデザインにすごく興味があり、仕事ではASPやASP.netとWeb関係があるので、まぁ趣味と仕事のちょっとした延長的な感じでした。

そこで最近の流行りを知るためにWordPressを習得しました。

www.around50th-woman.me

自分の今は他人から無茶振りされたことをきちんとするために勉強するということかもしれません。自分一人では必要としないことであっても

「パソコンが出来る=何でも出来る人」

の世の中にうまく使われてそれを拒否しなかったことが自分を成長させてもらえた。そう思ってます。

動画撮影も全然興味がなかったので、調べたこともありませんでした。

それでも頼まれてDVD作りたいまで言われたので、キレイな画を撮ることは出来るけど、音はどうしたら?とかなり調べました。(失敗しましたが)

そう、一眼レフカメラで動画を撮影しているわけで、画が悪いわけがありません。ピントさえきちんと合わせれば、そりゃすごい画素の映像になるわけです。

ただただサイズが大きいという話もありますが、大は小を兼ねるのです!

逆行で黒潰れしたかなと思う映像さえも明るく映るのです。素晴らしい!

そりゃあね、機材いいですから。普通にプロも使っていた(過去形)機材ですから。もう新しい型が出てきているけど、値崩れしないということは価値が高いということでしょうね。オーバーフォールして使い続けますよ。これで十分です。

動画編集も本を購入し、YouTubeで調べてどうにかつなげることが出来たりしました。

でも

これらは全部ボランティアです。時間もお金も費やしてますが、請求するつもりもありませんでした。

なぜなら、「ちょっとやってくれる?」のノリで頼まれてやったことがなかった自分にとっても勉強になるのでWinWinの関係だと思ったから。

その経験が次に生きるかどうかはわからないけど自分の武器は増えたわけです。

そうやって増やした武器がいつ使えるのか不明ですが。

今年になって変化がやってきました。

ホームページが完成したとともに依頼者との関係に溝が出来ました。私の甘えもあったのかもしれませんが、Google対応などもそれなりにしてあるので、ググれば出てくるようになってるわけです。

それでも

なぜお店の名前を入れてるのにトップじゃないんだ

と言われます。同じようなお店の名前は既にたくさんあるわけです。絞ればトップです。それをこう言われてしまうと、何も返せません。

お金出しますか?

って話です。

ホームページが出来たことに対しても私が好き好んでやったことと思われる対応はやっぱりイラっとしちゃいます。プロではないですから。

という感じの中で、なぜか動画編集部分が違う人に引き継がれてしまいました。

しかも

元々やっていた依頼者が動画編集の関わりから抜けてしまってIT難民の方が路頭に迷っているのを見過ごせなかったわけです。

この動画編集が今度は音源作成が加わりました。

ステージで歌うためにカラオケ音源を作成しなきゃいけないわけです。30分程度の時間で5〜6曲を4人で歌い回すわけで。1番ずつをつないでいくわけです。

さて、これまた初挑戦でした。

何のソフトでできるの?

まず初日は使えるフリーソフトを探すのに2時間かかりました。

次の日、そのソフトの使い方を調べました。

3日目にやっとつなげることができました。

つなげることは出来ている状態が3ファイルあって、それでも1ファイルのつなぎが嫌だと。。。

出来な人は贅沢です。

どれだけ大変なのか想像も出来ないようです。

それでも自分なりに試行錯誤して元ある音源のつなぎ目でフェードアウトを入れたり、フェードインを入れたり。

それでも

ちょっと違うかも。

ということで、昨夜はリーダーの方の隣で画面を見ながら曲を聴かせて、曲の切りたいところ、フェードアウトしたいところを指示してもらいました。

最初は人気のなかったスナックだったのに、人が大勢。しかもジャイアン家族が居て私の我慢も限界。

リーダーのお店へ移動し、どうにか作成できました。

ジャイアン家族のカラオケを聴かなきゃいけないスナックのマスターとかってすごいと思います。ご自身はステージに上がるほどお上手なんですから、耳もいいはずで。もうね、のび太さんやドラえもんの気持ちがわかりましたよ。

気持ち悪くなる。

そうこうして20分の音源が作成でき、CDに焼いて終了。でも、メンバーの方が「練習用音源も欲しい」と言い出すわけです。

それでなくても何がいけないのか、私がわからないのです。

それを自分の連れが「あぁ、そういうことですか。じゃあこうしてああして」と勝手にハードルを上げ始めます。

何してくれちゃってるの?

オブザーバーに口を出されて、今それでなくてもアップアップの自分を溺れさせるような行動をされるとさすがにキレます。ブチ切れまくりました。

まぁこのメンバーさんはそれでもきちんとした常識人のようで、私にお金換算をするようにと言い出します。

見積書をくれと。

まず、自分はこの行動に対してお金を貰おうと思っていなかったし、貰えることを良しとは思っていないところがあります。

お金が発生しなければ甘えを出せるということもありますが、それでも投げ出そうとは思いません。それでも彼らは永い付き合いをしたいからと申し出てくれました。

難しいよね。

だって今回の音源だってプロの方がどうやってるのかとかも知らないし、フリーソフトだし。使えないフリーソフトね。取り込んで何かをするといきなり何も出来なくなるの繰り返しで、めちゃめちゃ時間がかかりました。

それでもベースがわかったから違う安定してるソフトも使えるようになってればいいのだけど。

そう、今はイベントがまだ不定期だしどのくらいで入ってくるのかわからないけど、半年に1回くらい。それが増えたら自分がついていけないし、お金が発生する以上、代替を探したりしなきゃでしょ?

と、ちょっと真面目人間が出てきてストレスになるんだよね。

オブザーバーがまた口を出してきて、まぁ一般論を言い出すのだけど、「普通にこういう音源を作ると20万くらい」とか。私自身が全然興味がない分野だから「ふーん」くらいなんだけど、プロに頼めば、もう少しレベルが高いものになるだろうけど、そのくらいは当たり前かなとは思う。

機材が違うし。

あと動画撮影DVD作成となればやっぱり結婚式とかだって10万くらいは取ってるし。安いところはあるけどねと思うのだけど。

お金をもらって自分をプロとして育成すべきなんだろうか?

あぁ〜めんどくさい。

これが本音です。私は自分がしたいことしかしないので、したくないことにお金をいくら積まれてもしないし、逆にしたいことなら今回のように無償でもやります。

自分にどれだけ価値があるかでしょ?

他人にとって自分がどれだけ価値があるかってこともあるのかな。

私はフリーには向かないなぁ〜をいつも感じてしまう。自分の売り方が下手だわ。

仕事だったら別だけどね。

来週も1円でも高いところに売り込むのだ。